忍者ブログ
[103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93]

DATE : 2018/11/13 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/10/18 (Sat)
スーパー早期審査制度は世界最速?


斬新なアイディアを駆使し、
苦労して開発した新商品を特許に申請しても、
特許の認定には通常2年程かかっていました。

2年もあれば、その間に他社がその新商品を模倣して
充分な販売利益を得る事も可能です。

その手の商品は日本でも数多く見受けられますよね。


そんな企業努力に応え、更なる発明の発展の為に、
特許庁は、「スーパー早期審査制度」を設けました。

10月17日、その「スーパー早期審査制度」の第一号が、
世界で見ても最速となる17日間での特許認定を得たそうです。

17日間は凄いですね。

むしろ、2年もかかっていた理由を
誰か分かりやすく説明してほしいくらいです。


「スーパー早期審査制度」を利用する為には、
事業化しているか、2年以内の事業化予定した上で
海外でも特許を出願している事が条件となるそうです。

"2年以内の事業化予定"という事は、
発明時点では一個人だったとしても利用できそうですね。

特許商品を開発する為のノウハウを教える
"発明ビジネス講座"なんてのもあって、
現時点では少数派ですが、
もしかするとブームに近い活性が起こるかもしれません。

「奥さん、空いた時間にちょっと発明でもしませんか?」
みたいなキャッチコピーは如何です?



特許庁は17日、特許の審査期間を大幅に短縮する
「スーパー早期審査制度」の第一号として、
慶応大が1日付で出願した水中の有害金属検出技術を
特許に認定したと発表したとの事。


世界最速、17日間で特許認める=早期審査の新制度で第一号-特許庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000087-jij-pol

条解弁理士法改訂新版 特許庁

もっとこの商品を見る





PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]